アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「お寺(裏面)」のブログ記事

みんなの「お寺(裏面)」ブログ


続 裸の王様

2016/08/07 15:26
今、建設中の寺院において、総代会長が一人歩きしてます。


@お檀家様から客殿建設のためにといただいた寄付は使わないで、補償の範囲内で集会所を建設すると初期
  にひとりで決定する。
  → 結果 客殿建設のための費用は返還してしまい、集会所は建設してしまったため、お金が足りない(笑)

A本堂を立派なものにする!(あくまで自分のお金ではありません。補償のお金です)といって、今の本堂でも使
 用していないケヤキを独断で内陣に使用した。
  → 結果 本尊様をはじめ須弥壇、他仏具の引越し費用がなくなる。

B補償には、落慶法要費も含まれているが、結果は、落慶法要どころではない。

C住職にだけ、いくら出すんだと迫り、住職・副住職が出すこととなったが、自身は1円も出していない。出すのは
  口だけ

D他の総代が費用負担を申し出ても、自身は出したくないので、出すことの名言は避ける。
  先に自分が言うべきではないかと思われている。

E寄付を広く募ることとする。
→ ここで、多くの寄付をしてくださるお檀家さんがいたとして、会長の立場はいかばかりとなるか。。。
    見もの

Fお金がなくなったのは、住職のせいだと住職の居ない中で、役員全員に言う。
  ちなみに住職今は要介護2

はい、てなわけで、裸の王様の出来上がり!!



すべてフィクションです
実在する人物・団体とは関係ありません(笑)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


裸の王様

2016/08/05 20:56
本当にぴったりな、うちの檀家総代長。

自分で、住職を悪者にして、他の役員には自分では無い、住職が言ってるんだ。
自分はとめてるんだ、自分は自分は。。

ほんとに、タイトル通り。
自分では、そう思っててください。
がんばって、外面を整えててね。
外では持ち上げてるけど、本音はあなたのこと、嫌いな人ばかりだよ!知らないのは、当人だけ。

僕も、そんなにとは思ってなかったけど、
住職は、僕の父親なので、悪く言われてれば、頭に来ますし、まして住職が話した内容を脚色して言ってるからね。
それを聞いた他の人たちは本音と思ってしまうから、タチが悪いね。

まあ、あなたの本性を知ってる人から見れば、上辺だけ整えても後でボロは確実に出ますよ。
坊さんを馬鹿にすると、自身や家族に返りますよ!

はい、これ忠告です!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


後だし ジャンケン タイプの人間

2015/08/02 15:51
絶対に勝つ
後だしジャンケン
そんな性格で、
上に立っている人間が近くにいて、すっごく嫌です。

あれはああすべきだった。
あの時、こうすべきだった。
俺はこう思っていたんだ。

全て、結果論。

そして、父や家族をはじめ、他の人のせいにする。

こんなのが、上にいる。
ああ、いやだ。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


坊主丸儲け

2013/09/29 21:30
まあ、よくいわれる言葉ですね。
この前も、住職の目の前で、建て替えるんだから、もっと金を出せとか、あそこの地区はお葬式でいくら、こっちはいくらとか、檀信徒の役員が話してたそうです。
役員さんたちは1円も出していないのにですよ!

いくら飲んだ席だからといって、許せません。

たぶん、坊主憎けりゃ何とやらの世界で、住職に対して、よく思ってないのもひとつの要因でしょう。
はっきり言って、うちの父親、住職らしからない、嫌な人ですもん。

でもそれも置いといて、役員の発した言葉。副住職である私はそこにいませんでしたが、はっきり言って不愉快です。

えーと、役員さん。今、寺はなかなかやってくれる人がいなくて、兼務でやっているところもあります。資格も3年〜5年くらいかければ、うちの宗派はとれます。在家で、僧侶を志す方々もたくさんいます。
まあ、最初から、お寺をやるのはどうかといわれるなら、私のお寺で、どうしても日程の都合上、重なってしまったお檀家さんの法事からでいいので、資格を取ってお手伝いください。
いくらでも法事等に行っていただきたいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

と、あと2回同じことを言っていたら、言ってみようかなと(仏の顔も3度まで)

そこまで、やっていただけるなら、本当に助かります。

私、平日は働いておりまして、休日に、お寺のお仕事で、体と気の休まることがほとんどございません。
役員さん!ぜひお手伝いください。

ぜひぜひよろしくお願いいたします!!



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


誰だって、お金は出したくないもんね

2013/06/20 21:13
父が入院してから、父不在の会議を開きましたが、父が言ったんだから、父が出せとか。他のところはいっぱい出してるとか、あくまで、補償の範囲でやるから、われわれは出さないとか。だったら父も出さなくていいんじゃないともとれるような、でも、父は、自分で、希望を出したんだから、出すべきだみたいな、完全な欠席裁判にかけられましたね〜〜。

金は出さぬが、口は出す。
人の意見を先に言わせて、自分は、何も言わず、あとから、あれは、自分には不本意だったとか、勝手にお前らが決めたことだとか、同じ会議にいたのに、その時には自分の意見も言わずに、あとから、話して、責任のがれ。

ああ、ヤダヤダ。
今度は、僕がその人達とお付き合いしなくちゃならないなんてね。

そんなに妬ましいなら、誰でも志があれば、なれるものなのだから、僕は出ていくから、やってみればいいのに。
どうせそこまでの根性は無いくせにね。

まあ、沈黙は金だっけ?それで我慢しといてやろうかな。

まあ、出来上がった時に、みんなの見えるところに寄付者の札を掲げて、父と自分の名前だけ大きく書いて、来賓等の人たちが見た時に、なんだ他は誰も出してくれなかったのか?と聞かれた時に、いいえ。クチをだしてくれましたと話して、俺は代表だ、副だと言ってる人たちに赤っ恥かかせたいな!

その寄付者芳名簿の札、半永久的に掲げとこうっと!!金を出した者のささやかな抵抗ですよネ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「お寺(裏面)」ブログ

You & I  お寺(裏面)のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる